目の下の乾燥が小ジワになる原因とは?毎日のスキンケアでできる事

目の下の乾燥が小ジワになってしまう原因をご紹介します。

 

シワには大きく分類すると、
大じわと小じわの2種類に分けることができます。

 

大じわというのは、皮膚表面の細い線のような
皮溝(ひこう)というものが、
加齢で深くなったものです。

 

一方、小じわというのは、
目元や口元などに生じる小さなシワを言います。

 

小じわは早目にケアしないと、
改善しにくいと言われている
大じわへ進行してしまいます。

 

小じわができる原因は、ズバリ肌の乾燥です。

 

目の下の小じわを対策するには、
肌の乾燥を防ぐ必要があり、
効果的な保湿が欠かせません。

 

目元は皮膚が薄いため、
乾燥しやすい部分です。

 

なので、一般的な化粧水や
乳液だけでの保湿ケアでは、
保湿が不十分なんですね。

 

保湿力に優れたコラーゲンや
ヒアルロン酸、セラミド等が
含まれている美容液を使って、
しっかりケアしましょう。

 

また、皮膚が薄い目元は
力を入れて擦ってしまうと、
逆効果になってしまいます。

 

目の下のケアを行う際は、
優しくケアしましょう。

 

乾燥小じわ対策クリームや
シートマスクも売られており、
手軽に保湿ケアが行えます。

 

シートマスクに
保湿美容液をたっぷり含ませ、
目元中心にパックを行います。

 

さらに紫外線から肌を守る、
洗顔時に擦らないといった
日頃からの配慮も必要です。

 

中でも紫外線は、
乾燥を進行させるので、
しっかり対策しましょう。

 

日焼け止めを選ぶ際は、
目元の皮膚にも安全な
低刺激の日焼け止めを
選ぶのがポイントです。